カテゴリ:旅( 11 )

ジャングルでの日記その2

e0229229_051878.jpg


ジャングルの中の山小屋。水道ない。エアコンない。
外も中も素足生活。きたえられた。
文明の利器のない暮らし。
それでも笑って生きていられる。超幸せ(^v^)happy!
Everything is OK!No problem!!

食べ物に虫が入ってても、ふとんの中に虫がいても、ヒルにかまれても、
No problem!!
Smile!Smile!Smile!(^-^)テレマカシ.




以上。日記帳より。

リアルじゃな。

(写真:ジャングルの夕焼け。暗黒の夜が来る。)
[PR]
by harurero | 2014-10-09 07:00 |

ジャングルでの日記

e0229229_23593853.jpg

【ジャングルでの日記】
ジャングルで書いた日記が出てきました。このタイミング~♪
↓↓↓

ジャングルの中に身を置いて、星を見て森を見て感じて、今生きている。...
どんな過去があっても今生きている。
このジャングルの中にいる。それでいいじゃないか。

(一部省略)

ジャングルは何にもかなわない。
ジャングルの中に一人になると恐怖感だけ。
山って本当に怖い。
動物、植物たちの世界、日常の中に、ぽっと迷い込んだ人間。
ここは動・植物の住むところ。
足を踏み入れてはいけない。こわしてはいけない。
汚してはいけない。
神聖な神の住むところ。
生かされている謙虚な気持ちで日々を過ごそう。
大事にしよう!命。命。命。命。

以上。
「そぎ落とす」に通ずるものがあるなあ。
と思いました。
日常では忘れてしまってる感情があるなあ。
でもこのタイミングで出てくるって、今ここであの感覚を大事にしようと
思いました。
感謝です(^-^)
[PR]
by harurero | 2014-10-07 23:59 |

屋久島の旅 苔、緑、青

e0229229_17154758.jpg

弾丸屋久島旅行へ行ってきました。

とりあえず九州へ行く。行ったことのない土地へ行く。
ということだけ決めて、毛布類を車へ詰め込み出発!
わーい!GW!九州だ~!ってノリで。

夜10時ごろ出発したので、走れるとこまで走る。
12時間走ったところは鹿児島県。

そこで、マップル鹿児島を購入。
屋久島が意外に近いことを知り、屋久島へ行くことに。
普通は何カ月も前から計画を立て、準備をして訪れるところだろうから、
もちろん宿はとれず、その日は鹿児島市内に泊まることに。
しかし、鹿児島もビジネスホテルも民宿も満室。予約は前もってがいいです、やはり。
数十軒目に見つかった!

翌朝のフェリーで鹿児島港から屋久島へ。4時間。
キャンセルが出た宿へ。ラッキー。昨日かけた時には満室だったところが一発目でOK!ついてる。
そんな訳で屋久島へ来れた。
夢のよう。うれしい!

↑↑↑の写真。白谷雲水峡。もののけの森。辺りは苔だらけ。
興奮度すでにマックス!!!


e0229229_17162691.jpg

この人たちどこにいると思いますか?
ガジュマルの木の根の中。
木に見えるのが全部ガジュマルの根っこ。
天へ天へと葉を伸ばし、地へと根をおろす。
ただし、この場合は天から地へと降ってくる根っこですけど!
野生のガジュマル。いくらでも根をはやす。神秘的。
猿川ガジュマル。


e0229229_1853866.jpg

大川の滝。88mの落差。水量もすごくて、
私はナイアガラの滝の水量に負けてないくらいの迫力を感じました。
幅は違うけど。
神聖。感動的。


e0229229_17171547.jpg

ウミガメが産卵をする浜。
青のグラデーション。
きっと娘の描く絵の色の使い方が変わるだろうな。
私の花の色合わせも変わるだろうな。とても影響を受けた。
大好きな青。


e0229229_1861850.jpg

屋久島バイバイ。
GWということもあり、家族を見送る人たち。
島の別れはまた格別、名残惜しさ倍増する。
島の人の優しさ、潔さはこうして育まれたんかなあ。

きっと価値観、人生観が、私らあまっちょろい人間とは違うだろうなあと思った。

ありがとう!屋久島!
今度はちゃんと計画立てて来よう!

そして、また12時間かけて岡山へ。ふ~帰った!
[PR]
by harurero | 2012-05-07 17:58 |

行ってきます!

e0229229_11544681.jpg

成田~アブダビ~パリ
到着した日はパリへ1泊(予約済み)
翌早朝、パリ~南仏アヴィニョン~アプトを目指す。
アプトで数日過ごす。
気に行ったら長めに滞在。
少し近くの村へ移動するかもしれない。
それからピレネー山脈のコンクへ移動の予定。

最後の数日残してパリへ帰ってきて、ヴェルサイユ宮殿とモンサンミッシェルは行く。
ヴェルサイユ宮殿はチケット買うのに3時間待ちというから、そこはネットでチケット購入した。
おさえるとこだけおさえて、後はあんまり決めてない。

列車にうまく乗れるかドキドキ。
目的地に無事着けたらラッキー!

最後の4日間はアラブ首長国連邦へスットプオーバーで滞在。
ラマダーンを体験してくる。
そして、四ツ星ホテルへ宿泊。
普段は数万円するホテルが1泊2人で4000円。
優雅な気分を満喫してアブダビ~成田~岡山。

学校が始まるまでに帰ってきます!
それでは、行ってきます!
[PR]
by harurero | 2011-08-09 12:04 |

戒めという教え

e0229229_1731563.jpg

8月からお休みをいただきます。とお客様、取引先にごあいさつ。
そうすると注文が舞い込む。
動くと何かが起こるという証明みたいなものなのか。世の常なのか。

出発まで余裕と思っていたが、舞い込んだ仕事たちで連日バタバタとしている。
ありがたや。

と、同時に注文していたお花が届かない、中身が違っているとということが続いた。
私が「おフランス~♪♪♪ららら」と浮かれている戒めなのだろう。
至って平静を装っているが、内心は
「Franceだ!GO!GO!」と、ウキウキわくわくしどうしだ。
だって、何年かぶりのヨーロッパなんだもん。

多分、そんな私に戒めだ。
しっかり気を引き締めよう!
[PR]
by harurero | 2011-08-03 17:31 |

かわいい子には旅をさせ!

e0229229_235456.jpg

フランスの田舎への交通網はほんとに整っていない。
調べれば調べるほどわかってきた。
訪れたいと思っている南仏の小さな村は1週間に2本しかバスがない。
なかなか移動に苦戦。と同時に日程を組むのに苦戦。
1か所にのんびり滞在がいいように組めない。
行ってから大いに変更するのだろうけど、なんとなくイメージを持っていきたいので
流れを組みたいんだけど・・・
バスもなければ宿も情報がない。
レンタカーを借りれば簡単なのだが、今回はレンタカーは使わない。

娘に歩くことを教えたい。
レンタカーにすれば地図とにらめっこし、考え、進むのは私のみ。
娘の意思はそこにはなく、着いた先で
「ここの景色いいだろう!」的な私からの一方通行の旅になってしまう。

フランスは私も初めて、娘も初めて。同等のはずだ。
同等の旅の同志でありたい。
同じ立場じゃないと相手の本当の気持ちはわからないと思う。
協力して進みたい。
自分の足で歩き、たどりついた先はきっと自信になる。感動がある。

今までの旅の中で人のお金(両親)で行ったのは初海外のアメリカ、1回だけ。
大学の夏季交換留学でアメリカのニューハンプシャー大学へ行った。
行程もすべて大学側に用意されたもの。
着いて行くだけの一方通行の旅は残念ながらあまり記憶に残っていない。
お父さん、お母さんごめんなさい・・・行かせてもらったのに・・・
初海外ならではの感動はあったが、現実味はあまりなく、映画の中の世界みたいな印象として残っている。
スクリーンの中のような。

だから、旅費も、歩き方も大事。と思っている。


今回目指そうとしている村はフランスの巡礼地となっている村。
四国遍路のフランス版みたいなもんかな。
宿もホテルはない代わりに巡礼者用のドミトリーが点々としているみたいなので
その辺に転がり込む予定。


これも20年の旅の勘でこの村はイケルと臭うのだ↑根拠はない。


なんとかなる!
なんとかする!
[PR]
by harurero | 2011-08-01 23:27 |

フランスは広し

e0229229_195938.jpg

朝焼けのハイビスカス。ドラマチックです。
いい一日が始まると予感するようにラジオ体操へ出かけるときにはパキッと咲いてくれています。

フランスで目指そうとしている村が相当僻地だと気付いた。
どうやって行こう。
お金を使わず(タクシーは選択肢にない)、子供でも歩ける距離で
なんとかならんもんか。

ネットでもなかなか情報が出てきません。
長年の旅の勘を働かせてがんばる。
陸は続いている。
着けないわけはない。はず。

続きはまた。
[PR]
by harurero | 2011-07-28 19:58 |

フランス~アブダビ

e0229229_23154679.jpg

旅の航路が決まった。
フランスへ!

行きがかり上アブダビも。
フランス行きがとれなかったので、安くて空いているアブダビ行きをおさえた。
地図で見ると日本よりフランスへ近づく。
とりあえず近づいて、アブダビでフランス行きを待つか!
とれなければ最悪は3週間アブダビ滞在。
そこからどっか移動するか!的なとりあえず。
なんとかなるだろうと。

そして、全く無知だったアブダビについて調べた。
アブダビの今年の8月はラマダーン(断食月)だ。
観光地もレストランも休業。
だから、安くて空いてるんだ。納得。
でも、ラマダーンを肌身で感じられることも人生でなかなかない。
それもおもしろいかも。いい経験になるかも。
急にアブダビに興味がわいてきた。
気温は50℃にもなるという灼熱地獄。
こりゃほとんどをホテルで過ごすことになりそうだ。
アラブの女王様が住んでいそうなインテリアの部屋、室内プールつきで
1人1000円くらいで泊まれそう。
これもラマダーンで観光客が来ないからの恩恵みたい。
ラッキー!

そこへ朗報。
フランス行きも確保できた。
ほっほーーー!
結果オーライ。
スタートラインに立てた。
初のフランス。
奥が深そう。
フランス内のどこを訪れるかはまだ決めきれてない。
もう少し悩もう。

フランス旅の目的
海と山の空気、景色
古い街並み
巡礼地に身を置く
フランスならではの色彩を堪能
フランスにしかない色(パステル、絵具)に出会うー娘のお絵かき用
表現に触れる パントマイムとか演劇、大道芸人ー娘に表現力を感じてほしい
娘がフランスの子供と触れ合う
食べ物

娘ばーじゃなあ。
いっぱい感じてほしいから。
何か感じてほしい。
[PR]
by harurero | 2011-07-26 23:37 |

フランスって?

e0229229_21593187.jpg

旅のこと。
今年の夏の旅先はフランス!で決まりつつある心内。
いろいろ調べ始めたが、フランス宿泊先、食事もろもろ高い!っす・・・
YHで一人3000~4000円って・・・ドイツ並みですね~
多分とても設備が整っていて快適なんだろうなあ。
でも求めてない・・・

ってかうちは子連れ。
小学生はYHのドミトリーに泊まれるのか?
まだ無理かなあ。
娘が1歳の時にオーストラリアのYHで抱っこひもに娘を抱え、
交渉したが
「その子泣かない?」
「泣きます。」
「NO」
当たり前だけど。

確かに今は夜泣きはしないくらい大きくなった。
それで迷惑をかけることはない。
人生勉強させるにはおもしろいかなとは思うんだけど。

本当の安宿情報は現地入りしないとなかなか手に入れられない。
その交渉と探す時間が短期旅行にはもったいない。
行けばあるんだけどなあ。多分。じれったい。

で、滞在費が思った以上にかかりそう、移動するにもかかりそうなので
思案中。
何日滞在するか。

基本的に滞在型の旅を考えていて、セーヌ川とか、地中海とかお散歩したり、
公園で本読んだり、遊んだりしたい。
公園ならこどもの森でいんじゃないかと思われるかもしれないが、
フランスの公園がいいんよー。

アパルトマンも考えたが、3週間くらいの短期旅行で料理はしてられないし、
マルシェの野菜に塩攻撃で食費をうかせるか。

ん~~~悩み満載。
どこに着地するか楽しみだー!!!





PHOTO by *eco
[PR]
by harurero | 2011-07-07 22:20 |

国境を勝手に越えたらだめですよ!

e0229229_19511639.jpg

ベトナムからカンボジアの国境をてくてく歩いていたら
職務質問を受けた。
前もどっかに書いたが。
結果カンボジアへは入れなかった。
まだ行ったことのない、いつか訪れたい国のひとつ。

これもタイミングと国籍が関係するみたい。
同じ時期、同じルートでカンボジアに入れた友人のオージー、NZがいたし、
お互いの国の関係性で入りやすい国とそうでない国がある気がする。

スペインから船でモロッコへ渡ろうとした時、
たった岡山~香川くらいの瀬戸内海くらいの距離なのに
(国が違うのだから当たり前だが・・・)
たった一日入るだけでもビザがいるって、しかも発行に数日かかるって、
スペインの田舎の港町で足止め。
お金がなくなったら終わる旅なのに、ここで無駄な宿泊費、食費は使いたくないところ、
けど、港町は大体治安が悪い、国境近くとあってよりそんな気がした。
ここは泣く泣く野宿はやめ、宿探し。
数日後、無事船に乗れた訳だけど、船で会ったアメリカ人はビザはすぐ発行されたって。
そして、入国できたモロッコはあまり治安がいい国とは言えなかった。
ある時、気が付いたら後ろを10人以上のモロッコ人が靴を振り上げて追いかけてきた・・・ヒエ~
てなことにも遭遇した訳で・・・


今年の8月の旅はまだチケットがとれていない。
まだ、下がるはず。これもタイミング。
せめて3日前までにはとっておきたい。

今年もよい旅ができますように!




PHOTO by *eco
[PR]
by harurero | 2011-07-03 20:16 |